子育て奮闘日記

2017.10.06更新

現代人の腸が弱くなって、アレルギーが多発するようになってしまったのには数多くの要因があります。その中でも問題なのは、「乳幼児期の育て方」です。

具体的に言うと赤ちゃんが生まれてから生後10か月くらいまでの期間、ばい菌や雑菌を排除して清潔すぎる環境で育ててしまっていることです。この期間は腸内において腸内フローラが形成される重要な時期です。この時期にどれだけ多くの菌と接触するかが、その子の免疫力の強さに関わってきます。

そのため、赤ちゃんをばい菌や雑菌から遠ざけないことです。具体的には、家具やおもちゃ、おっぱいなどを消毒したり、外部と接触させなかったりです。こういう環境で育てられると腸内環境の数も種類も少なく十分な免疫を獲得できないまま、抵抗力が弱い子に育ってしまいます。

 

我が家では、小さな物を飲み込まないようにだけ気をつけ、好きなだけ手に取って遊ばせています。鼻水グジュグジュですけど元気モリモリです笑

 

はる

投稿者: まるいま治療院

2017.08.28更新

前髪長女がアンパンミュージアムで前髪だけカットしたもらった後の写真です。

かなり短くカットされ、本人は苦笑いです。子供はすぐに伸びるので大丈夫ですけどね!!面白かったので写真アップしました。

この後、ポップコーンを買ってもらい、一人で食べつくしたそうです。

投稿者: まるいま治療院

2017.08.18更新

梅雨とカビ

こんにちは。
おかしな天気が続いていますね。
私は、月に何度か内科の先生の元で勉強させて頂いています。
その先生は、今が梅雨なんだとおっしゃっており湿度のせいでカビが発生しており、皮膚を通して体内に入り込んでくると話しておりました。現に今日もアトピーや湿疹が悪化した方や肺の弱い方が咳き込んでいる症状の方が多かったです。

対策としては、除湿をすることと38~40°ぐらいのお湯にゆっくり浸かり汗をたくさん出すことです。
食べ物は、ベータカロチンが防カビになるので、ニンジンやカボチャなどがおすすめです。

原因のわからない湿疹や咳が止まらない方は、ご相談くださいね。

投稿者: まるいま治療院

2017.08.09更新

いつも当院をご利用いただきありがとうございます。

お陰様で開業1周年を迎えることができました。これも皆様の温かいご支援のお陰と本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この1年を振り返ってみるとあっという間でしたが、多くの患者様の健康サポートに貢献できたことを嬉しく思っています。

子供の健康を気遣って下さったり、差し入れを下さったり、本当にありがとうございました。

今後もご縁のある方の健康をサポートし、充実した人生を送ってもらえるように努めていきます。

今後とも宜しくお願いいたします。

 

花

 

投稿者: まるいま治療院

2017.08.06更新

右の写真は、保育園の夏祭りでいただいたお面お面やんまー
とおもちゃで遊んでいた時のものです。

そして遊び疲れて2人で寝ている写真です。


夏はたくさんイベントがありますよね。
なるべくキレイで自然なものに触れさせてあげたいと思っています。

花火、畑で土いじり、動物など楽しみがいっぱいです。個人的には、青森のねぶた祭りにもう一度参加してみたいですが、
今年は難しそうです。皆さんの夏の思い出、教えてくださいね!!

投稿者: まるいま治療院

2017.07.21更新

昨日、1ヶ月ぶりに中学生の野球少年の施術を行ってきました。痛みがある時や練習後はアイシングする。座る時は背すじを伸ばさずに脱力するなど宿題をしっかりとやっているようでした。


それは、良い状態を維持できていたからです。話しを聞かなくても歩いている姿を見てわかりました。
素直な子は、治りも早いです。お母さん想いの少年は照れながらも将来、お母さんを楽にさせるために就きたい仕事を教えてくれた。
痛みに耐えて苦労した少年は、人を大切にします。親子の会話を聞いてるだけで温かい気持ちになります!
もっと体が良くなり、素敵な学校生活を送ってほしいです。

投稿者: まるいま治療院

2017.07.21更新

昨日、1ヶ月ぶりに中学生の野球少年の施術を行ってきました。痛みがある時や練習後はアイシングする。座る時は背すじを伸ばさずに脱力するなど宿題をしっかりとやっているようでした。


それは、良い状態を維持できていたからです。話しを聞かなくても歩いている姿を見てわかりました。
素直な子は、治りも早いです。お母さん想いの少年は照れながらも将来、お母さんを楽にさせるために就きたい仕事を教えてくれた。
痛みに耐えて苦労した少年は、人を大切にします。親子の会話を聞いてるだけで温かい気持ちになります!
もっと体が良くなり、素敵な学校生活を送ってほしいです。

投稿者: まるいま治療院

2017.07.21更新

昨日、1ヶ月ぶりに中学生の野球少年の施術を行ってきました。痛みがある時や練習後はアイシングする。座る時は背すじを伸ばさずに脱力するなど宿題をしっかりとやっているようでした。


それは、良い状態を維持できていたからです。話しを聞かなくても歩いている姿を見てわかりました。
素直な子は、治りも早いです。お母さん想いの少年は照れながらも将来、お母さんを楽にさせるために就きたい仕事を教えてくれた。
痛みに耐えて苦労した少年は、人を大切にします。親子の会話を聞いてるだけで温かい気持ちになります!
もっと体が良くなり、素敵な学校生活を送ってほしいです。

投稿者: まるいま治療院

2017.07.21更新

今、何十年ぶりかで仙石線に乗っています。走行ルートが変更になってから初めて乗ったので、どこを走っているのかわかりませんでした。
昨日、母校の後輩中学校2年生の野球少年の施術を行ってきました。


主訴は腰痛で小学校5年生ぐらいから仙腸関節炎と診断されブロック注射などで治療してきたそうです。以前は車イスに乗るほどでしたが今は冬の時期に痛くなるとのことでした。
体のバランスは非常に悪く、これは辛いだろうなというほどの歪みでした。右肩も上がらず、よくこれで野球をやっているなと思うほどでした。
施術は骨盤と頭で赤ちゃんの時の状態に戻すように行いました。一回で治るものではないですが、肩は上がるようになりました。


局所ではなく全体を診る
症状ではなく構造と機能を整えることで病院で見放された症状も回復していきます。
お母さん想いの彼には、野球を楽しんでもらいたいです。来月まで宿題を出して帰ってもらいました。宿題をやってるかやってないかは、体が教えてくれます。
彼のように困っている子はたくさんいます。自分ができる範囲をわきまえて、人様の健康に貢献していきます。


今日も誰かのお役に立てるだろうか!

投稿者: まるいま治療院

2017.07.11更新

睡眠とストレスと冷却

この時期になると暑くて寝苦しいですよね。関東に住んでいた時は、朝の時点で30℃近くあり汗だくで起きていました。それに比べれば仙台はまだ我慢できますが子供たちが大変そうです。今回は睡眠と冷却について書いていきます。

睡眠の中にはレム睡眠、ノンレム睡眠というのがあります。聞いたことがあると思いますが、簡単に言うと前者は浅い睡眠後者は深い睡眠です。
この深い睡眠とストレスの排除は非常に関りがあります。

人のストレスは色々なことで発散していますが、睡眠がなければストレスの軽減が半減してしまいます。カラオケで発散できるレベルはその程度のストレス。病気になりそうなストレスは、本当に大変です。

そんな時、ノンレム睡眠の中でも、さらに深い深々ノンレム睡眠という僅かな周期があります。この深々ノンレム睡眠は、動物の冬眠の時の体の活動に似ていて、ストレスや病気に対して高い免疫力を示す現象が起こっています。

例えば熊に冬眠前、がん細胞を注入しても、冬眠中に消失してしまうといったような実験結果があるぐらいです。深々ノンレム睡眠は、長い睡眠の中でのごく僅かの時間でしかないようです。

しかし、その短い周期に最大の睡眠効果を発揮する貴重な時間でもあります。だから、現代人ほど、この質の良い睡眠時間は必要なのです。でも実際はいつも興奮気味でピリピリしている社会人ほど交感神経が優位になりすぎて睡眠が浅くなっていることが多いです。

重要な深々ノンレム睡眠を有効に使えないことで睡眠の質を下げてしまいます。また、情報過多(スマホの普及など)の影響によって、深々ノンレム睡眠だけではストレスの排出が追いつかないということも出てきています。

なんでもそうですが、ストレスは熱に転換されています。打撲をして体にストレスがかかると赤く腫れてくるように、思考に及ぼすストレスも溜め込めばボーっと頭が熱くなってきます。叶わぬ恋をしたときのあの感覚です。(皆さんも経験ありますよね!笑)

熱は体の内面から破壊します。
特に脳は脂肪組織で熱に弱いため、あまりの熱量だと溶けてしまう疾患(脳軟化症)になります。色々な免疫機構が壊れてしまうんですね。例えば、ストレスを緩和するセロトニンやドーパミンなどのホルモンさえも正常に排出できない問題も出てきます。うつや精神疾患の原因になりかねません。ですから、睡眠の質を高めることは大切です。

当院では、首の後ろを冷やすことを指導しています。ストレスを強く抱えている方や睡眠が浅い方には必ず伝えています。脳の温度を下げてあげると、誘眠作用が働き眠りやすくなります。また溜め込んでしまったストレスエネルギーは熱に転換していますから、その熱量のクーリングにも効果を発揮し脳環境を保全することができ、有効な手段になります。
また、首には静脈が沢山ついていて、対向血流といって脳に送る動脈の温度を下げる役割をしています。戦争中の兵隊さんの帽子に首をすっぽり覆う布がついていますが、あれは首の静脈が温められると脳が破綻して倒れてしまうことを知っていたからです。熱中症も同じ原理です。

そんなことから、首が痛くなくても首の後ろを冷やしてあげることは大切です。質の良い睡眠と首の冷却。これからの現代人に身につけてほしい方法です。首を冷やしても血管が詰まることはないので、やってみてくださいね!気持ちいいですよ~。

 

投稿者: まるいま治療院

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

身体の痛みでお悩みでしたら、仙台市青葉区にあるまるいま治療院まで、
まずはお気軽にお問い合わせください。